メール

バリアフリー

  「バリアフリー住宅/介護住宅」の設計とリフォームの専門サイト
バリアフリー減税について
バリアフリー減税について バリアフリー対策トップページ

バリアフリー改修工事をした場合の住宅特定改修特別税額控除について
   
  バリアフリー改修工事をした場合の住宅特定改修特別税額控除(住宅ローン等の利用がなく
  ても適用できます。)とは、一定の居住者が、自己が所有している居住用家屋について高齢
  者等居住改修工事等(以下「バリアフリー改修工事」といいます。)を行った場合において、
  当該家屋を平成21年4月1日から平成24年12月31日までの間にその者の居住の用に供した
  ときに、一定の要件の下でそのバリアフリー改修工事に要した費用の額とそのバリアフリー
  改修工事の標準的な費用の額のいずれか少ない金額(最高200万円(平成24年分は最高
  150万円))の10%に相当する金額をその年分の所得税額から控除するものです。
  なお、原則として平成22年分でこの税額控除を適用した場合は、平成23年分において適用
  できません。
  また、このバリアフリー改修工事について借入金等を有しており、住宅借入金等特別控除又
  は特定増改築等住宅借入金等特別控除のいずれの適用要件も満たしている場合は、これら
  の控除のいずれか一つの選択適用となります。
   
  詳しい内容は国税庁のホームページでご確認ください。
   http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1220.htm
   
   
   


住宅のバリアフリー改修に係る固定資産税の減税措置について
   
  平成19年1月1日に現存する住宅で、平成19年4月1日から平成25年3月31日までに一定の
  バリアフリー改修工事が行われた住宅については、翌年度分のみ、固定資産税額の3分の1
  相当額が減額されます。(100平方メートル分までが限度となります)
   
  詳しい内容は各自治体のホームページでご確認ください。
   
   
   
   
   

 
Copyright ©2005 IGARASHI DESIGN Corporation. All Rights Reserved.