メール

バリアフリー

  「バリアフリー住宅/介護住宅」の設計とリフォームの専門サイト
段差解消機
段差解消機 バリアフリー対策トップページ
屋外の段差解消機

道路から玄関までに大きな高低差がありスロープを設置するスペースが無い場合などは、屋外で段差解消機を有効活用するといいかもしれません。

降りてくる時に車椅子が乗る床と地面の間に手足や物が挟まれる危険がありますので、付き添いの方が立会い操作してもらう方がいいと思います。

屋外の段差解消機

屋内の段差解消機

段差解消機を屋内に設置すると機器のいたみが減り管理上も目が行き届く利点があります。

このように屋内に設置する場合は車椅子が通る充分なスペースが必要なので、玄関等の部分を広く作っておくことが求められます。

屋内の段差解消機

屋内に段差解消機を設置する場合は普段の生活中にうっかり落ちないようにしておかなければなりません。

転落防止を設置したり自由に乗り降りできないよう工夫することが求められますので、設計には充分な配慮と検討が必要です。

屋内の段差解消機

 
Copyright ©2005 IGARASHI DESIGN Corporation. All Rights Reserved.