メール

バリアフリー

  「バリアフリー住宅/介護住宅」の設計とリフォームの専門サイト
扉の取手
扉の取手 バリアフリー対策トップページ
扉の取手1

引戸の取っ手は扉に埋め込まれている引き手より、握り棒タイプの取っ手の方が断然使い易いはずですので、スペースが許す限り積極的に取り入れるべきでしょう。

扉の脇に縦型の手摺を設置すれば、扉を開閉する時に力が入り開閉し易くなります。

廊下側に取っ手が出っ張りますが、使いかってを最優先すべきです。

扉の取手1

扉の取手2

トイレの出入り口巾をなるべく広く確保する為に折れ戸を採用しました。

開閉がスムーズになるようレールを設置しましたが、ほとんど邪魔にならず影響はありませんでした。

部屋の中に自分専用のトイレとして設置する場合などは音の心配はいらないので、若干隙間のある折れ戸も有効活用できます。

扉の取手2

扉の取手3

寝室から一直線でトイレや浴室へと通じる導線は非常に便利です。

開けっ放しで通行する場合など引戸は扉が邪魔にならず使い易い扉です。

取っ手の長さがある程度あれば車椅子利用者も障害の無い方もみんなが使い易くなります。

扉の取手3

 
Copyright ©2005 IGARASHI DESIGN Corporation. All Rights Reserved.